模型サークルOZ(仮)

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガビコ店長のメンテナンス講座 4回目

2016年 07月21日 19:11 (木)

どーも、またお邪魔いたします。
ガイドビーコンの店長でございます。

この間のエアブラシのメンテナンスの記事で好評いただいたようですので、
調子に乗ってコンプレッサーのメンテナンスをご紹介いたします。

今回メンテナンスするコンプレッサーは、GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L5 です。
もっとも、一般的な模型用のコンプレッサーです。


当店でも、L5を7台、L7を1台使用しています。

レギュレターの水抜き以外、ほとんどメンテが必要ないのに、
平気で10年以上使えてしまう優秀な機械です。

そんな L5も、一か所だけ定期的にメンテナンスしてあげたい部分があります。

それがここ。
この、白いプラスチックのカバーのところです。
コンプ1

このカバーは、中央のネジ1本だけで止まっているので、これを外せば簡単に開きます。
コンプ2

そうすると、フィルターである、ウレタンスポンジが出てきます。
(写真 コンプ3)コンプ3

プラスチックのカバーの内側とウレタンスポンジを、筆でコチョコチョして掃除します。
(写真 コンプ4)コンプ4

このプラスチックのカバーは、このエントツのところから吸気しているので、この裏側が最も汚れています。
ミストが詰まっていることもあるので、その場合はめん棒などで入念に掃除しましょう。
(写真 コンプ5)コンプ5

終わったら、元通りに組み付けて・・・終了です! 
簡単ですね!
フィルターが汚れている場合だと、この掃除だけで 振動や動作音が減り、エアの吐出量も回復します。
年に1回で十分ですので、定期的にメンテしてあげましょう。

そして、オマケ編。
フィルターのウレタンスポンジは、消耗品です。
これは時間がたつと、グズグズに劣化してしまいます。

新品は、GSIクレオスのパーツ請求のページを見て注文すれば購入できます。
GSIクレオス パーツ請求 → http://www.mr-hobby.com/support.php

しかし!
案外お高いのと、発注から届くまでに時間がかかる場合があるので、応急処置の方法をご紹介。

用意するのは、普通の食器洗い用スポンジ。
コンプ6

これを、網から出して、縦に半分に切ります。
コンプ7

そして・・・やー! っと詰めます。
その時、切れ目のところがエントツの真下にならないように調整します。
コンプ8

このままムリくり本体にはめ込めばOKです。
応急処置の代用は、専用のもののようにぴったりとはまらないので、
ブカブカだとコンプレッサー内部にミストが入りやすくなります。

なので、ちょっとムリヤリな位に詰め込んだ方が安心です。
スポンジなので簡単です。

L7の場合も、ほぼ同じ構造です。

ということで、GSIクレオスのコンプのメンテはこんな感じです。

コンプレッサーに関して、これ以上のことはできません。
どうしても調子が悪い場合は、捨ててしまう・・・ではなく。
その前にGSIクレオスのオーバーホールに出しましょう。

先ほどの、パーツ請求のページと同じところから依頼できます。
送料+オーバーホール代¥3500ですので、買い替えるよりかなりお安いです。

参考になれば幸いでございます~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。